活動 - サブグループ(研究WG)の活動 - 事業報告

【活動報告】内田洋行主催『大学・高校実践ソリューションセミナー』(出欠確認研究SG)(2009年11月27日(金)開催)

ケイタイを活用した出欠確認システムから.
授業アンケート、双方向授業への展開

 2009年11月27日(金)に、株式会社内田洋行大阪支店にて行われました、株式会社内田洋行主催の『大学・高校実践ソリューションセミナー』におきまして、関西地区FD連絡協議会・研究WG・出欠確認研究SGの主査・福永栄一先生(大阪成蹊大学)が、その研究SGで共同開発に取り組んでいる、携帯電話での出欠確認、授業評価アンケートシステム(i-MAS)について報告しました。  
当初、50名定員のメインセミナー会場が割り当てられていましたが、応募が倍近くに上ったため、急遽、広い会場に変更されてセミナーが実施されるほど、盛況でした。
報告内容(出欠確認研究SG発表スライド)は以下の通りです。

  • 関西地区FD連絡協議会を通じた活動
  • i-MASの機能、効果
  • 他の携帯電話での出欠確認システムとの違い
  • FDに活用するための新機能である小テスト、簡易アンケート
  • i-MASシステムの今後の展開
  • 学生とのコミュニケーションツールとしてのi-MASの活用


 関西FDのみならず、多くの大学関係者の皆様に、関西FD・出欠確認研究SGの活動を知っていただくことができました。

attendance091127-1 attendance091127-2

関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント