活動 - FD共同実施WG - ワーキング・グループの活動報告 - 事業報告

【活動報告】初任教員向けプログラム「授業の基本」(大阪工業大学)(2011年9月9日(金)開催)

◇概要

2011年9月9日(金)に大阪工業大学大宮キャンパスで、滋賀県立大学・教育実践支援室長の倉茂好匡先生をプログラム講師としてお迎えし、新任教員を対象に教員研修を実施しました。本プログラムは「関西地区FD連絡協議会初任教員向けプログラム」の一つとして、協議会との共催事業となっています。協議会加盟校からは16名の参加者がありました。

プログラム内容は第1講から第3講で構成され、第1・2講は授業の基本に関する講義、第3講は教材研究のグループワークが実施されました。

第1講 10:00~12:00 授業の基本①-基本の基本-
第2講 13:00~15:00 授業の基本②-授業で陥りやすい罠-
第3講 15:15~17:15 教材研究ワークショップーグループワークとミニッツレクチャー実技ー

参加者は教授、准教授、講師、技師、大学院生といった様々な立場の方々でしたが、皆一様に熱心に受講されていました。授業に関する貴重な研修とご理解いただいていたのだと思います。

第1・2講を経て、第3講では6グループに分かれて教材研究のグループワークを行い、最後に各グループで5分のミニ授業を実施し、講師が講評を行いました。
同じテーマでミニ授業を行ったのにもかかわらず、6グループとも全く異なった授業展開となっており、それぞれに授業展開、板書、発問、視線の投げ方に工夫が見られ、教材研究の大切さや授業における教員の個性というものを実感しました。

ワークショップの様子

「チョークで板書するのが苦手な先生はいますか?」との講師の問いかけに多くの教員が挙手しました。 実際に板書の指導に熱心に取り組む姿です。

20110909-1.png

グループワークは活気がみなぎっていました。
ミニ授業は発表者も聴講者もドキドキ。

20110909-2.png


【主催】大阪工業大学
【共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント