活動 - FD共同実施WG - ワーキング・グループの活動報告 - 事業報告

【活動報告】第83回公開研究会(京都大学)(2012年2月12日(日)開催)

2012年2月12日、京都大学百周年時計台記念館・国際交流ホールにおいて、京都大学高等教育研究開発推進センター主催、関西地区FD連絡協議会共催のもと、第83回公開研究会「大学教育におけるポートフォリオの活用-授業改善からカリキュラム改善へ-」が開催されました。
研究会には、学内外の大学関係者及び学生等、計137名の参加者(うち、関西地区FD連絡協議会加盟校参加者71名)の参加がありました。

まず、開催校を代表して田中毎実氏(京都大学高等教育研究開発推進センター長)から、開会の挨拶がありました。続いて、プログラム第一部では、ダニエル・バーンスタイン氏(Daniel Bernstein:カンザス大学教授)より「ティーチングにおける知的活動の表象:教授・学習を可視化する」と題する基調講演が行われました。
第二部の事例報告・ディスカッションでは、酒井博之氏(京都大学高等教育研究開発推進センター特定准教授)より「各報告の位置づけについて」という全体説明の後、平山明子氏(藍野大学医療保健学部准教授)より「藍野大学におけるコースポートフォリオの実践報告」、土井智晴氏(大阪府立大学工業高等専門学校総合システム学科准教授)より「大阪府立大学高専におけるコースポートフォリオ活用」、小川勤氏(山口大学大学教育センター教授)より「カリキュラム・マップを活用した組織的カリキュラム改善」と題する報告がありました。
さらに、各事例報告について、栗田佳代子氏(大学評価・学位授与機構准教授)よりティーチングポートフォリオの観点から、ダニエル・バーンスタイン氏よりSOTL(Scholarship of Teaching and Learning)の観点から、飯吉透氏(京都大学高等教育研究開発推進センター教授)よりICT利用の観点から、それぞれコメントがなされました。
その後は、質疑応答および全体討論が行われ、パネリストと参加者で活発な意見交換が行われました。

研究会の様子


開会挨拶

講演をするバーンスタイン教授

会場の様子

事例報告

全体討論の様子

閉会挨拶

【主催】京都大学高等教育研究開発推進センター
【共催】関西地区FD連絡協議会


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント