活動 - FD共同実施WG - ワーキング・グループの活動報告 - 事業報告

【活動報告】「大学生への作文法指導」研修会(2013年6月28日(金)開催)

  

 

2013年6月28日(金)18:30~20:30
滋賀県立大学A2棟201教室

◇概要

 2013年6月28日(金)に滋賀県立大学で「大学生への作文法指導」研修会が開催されました。講師は滋賀県立大学教育実践支援室長の倉茂好匡先生です。この研修会は「関西地区FD連絡協議会」の公開研修会となっており、本協議会加盟校からは24名(大阪観光大学、大阪工業大学、大阪樟蔭女子大学、関西福祉科学大学、畿央大学、京都産業大学、神戸薬科大学、四天王寺大学、聖泉大学、園田学園女子大学、帝塚山大学、東洋食品工業短期大学、兵庫教育大学、びわこ学院大学)の参加者がありました。滋賀県立大学からは20名、非加盟校から2名の参加があり、合計46名での研修会となりました。 研修会では、滋賀県立大学環境科学部環境生態学科で実際に行っている作文力向上のためのカリキュラムを紹介し、うまく文章の書けない学生に対して、"どういう指導をすべきか"という観点から、教育法のヒントが伝えられました。

 事後アンケートを実施した結果、以下のような回答が得られました(アンケート結果は滋賀県立大学の参加者も含む)。

 

◇アンケート結果

1.研修会で得たこと、参考になったこと

・ 文節、段落、論理に意識を向けさせることが大切だとわかった。
・学生の文章のどこを見ればいいのか、どこを指導すればいいのかがわかった。
・卒業論文指導に大変役立つと思った。
・科学的な日本語作文の指導をする上で、大変参考になった。
・中等教育の口語文法や国文法を使い、具体的に説明することで学生の理解につながっていくことが実感できた。


2.質問事項

・ 時代とともに少しずつ変化する言葉の在り方
・エントリーシートにおける作文法指導


3.今後の研修会に期待する内容

・学生にとってわかりやすい添削指導
・ノートテーキングの訓練法
・学生からの評価をすくい上げる方法

 

【主催】滋賀県立大学
【共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG

 


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント