活動 - FD共同実施WG - ワーキング・グループの活動報告 - 事業報告

【活動報告】「学生に届く声―授業におけるコミュニケーションスキルのためのワークショップ」(京都大学)(2014年9月25日(木)開催)

2014年9月26日(金)10:00 ~ 11:30
京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールIII

■概要

高等教育研究開発推進センターは、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師の蓮行氏をお招きし、2014年9月25日、ワークショップ「学生に届く声―授業におけるコミュニケーションスキルのためのワークショップ-」を開催いたしました。本ワークショップは、京都大学新任教員教育セミナーのプレワークショップにあたり、関西地区FD連絡協議会の「初任教員向けプログラム Program for Junior Fuculty(カンジュニ)」として公開いたしました。参加者は72名、うち関西地区FD連絡協議会会員校の参加者が12名でした。

講師の蓮行氏は、プロの劇団を主宰し、舞台演出家として活躍される一方、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師として大学や企業における研修プログラムを開発し、多数のワークショップを手がけておられます。 本ワークショップで蓮行氏は、まず学生に対する「親切度」について講義をしたのち、参加者がコミュニケーションスキルを学ぶために、即興劇を行いました。参加者は裁判を舞台に、それぞれ被告・弁護団・裁判員・裁判長・市民・マスコミなどの役割を与えられ、そうした役割の中で自然と適切なコミュニケーションが生まれていくことを実感しながら学んでいきました。

本ワークショップの様子につきましては、京都大学オープン・コース・ウェアにて公開されておりますので、当日ご参加ができなかった方もぜひ御覧ください。

【主催】京都大学
【共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント