活動 - 初任教員向けプログラム(カンジュニ)

初任教員向けプログラム(カンジュニ)とは?

<いちはやく情報を届けます!>

カンジュニを含む、関西FDのイベント情報が流れます。
関西FD会員校の教職員なら誰でも登録できます。 → 登録はこちら

<研修会を公開してくださる大学募集!>

大学の研修会をカンジュニプログラムとして公開しませんか?

【公開のメリット】
・研修会への参加者の増加と多様性の確保
・自校の取り組みのPR
・研修会の検討や開催支援による、自校の研修プログラムの改善

公開していただける場合は以下の内容を、
office[at]kansai-fd.org までお送りください。
 ※[at]を@に置き換えてください

•プログラム名 •日時
•場所
•プログラム内容の概要(300~400字程度)
•申込先、申込方法
•プログラム実施担当者とその連絡先
•参加にあたっての条件がある場合、その条件(参加費、参加資格、収容可能人数など)
※なお、公開は、研修会の一部のみでも構いません。

【公開例:】

<○○大学新任教員研修会プログラム>
セッション1
本学の歴史について
セッション2
本学の学生の特徴について
セッション3
現代の高等教育がおかれている社会的状況
セッション4
授業でグループディスカッションをおこなうには
→関西FDにはセッション3と4を公開

研修会実施に関わる諸手続きは基本的に開催校に行って頂きます。参加費等の徴収、受け入れ対象や人数などの制限についても、各大学のご判断にお任せいたします。

<初任教員向けプログラムとは>

【本プログラムの概要】
現在、関西FD加盟校で実施されている研修会のうち「大学の所属に関係なく、大学初任教員であれば参加して効果が見込まれる」ものを公開して頂き、それを関西FD認定プログラムとします。この初任教員向けプログラムとは、そのような関西FD認定プログラムを集めた研修マトリックスを作成、周知することによって、各大学の研修会を相互利用できる機会を提供するものです。現段階で公開されている研修会は以下の<2011年度公開の研修会>を、本プログラム実施に至った経緯は関西FDニュースレター5号をご覧ください。


matrix.gif

*クリックすると拡大版が表示されます。

【本プログラムに参加するメリット】
・自校で行うオリエンテーションやガイダンスと本プログラムを組み合わせることで、充実した初任者研修プログラムを構成することができます。
・組み合わせは個々の大学の文脈に応じて、「希望者が自由に認定プログラムに参加できるよう促す」、「大学で選択した特定のプログラムへの参加を義務づける」等、様々な対応が可能です。
・時期や地域、研修の内容が様々であるため、自分にとって必要な研修会を選択して参加することができます。
・本プログラムへの参加者には関西地区FD連絡協議会より参加証を発行します。

【参加証発行までの流れ】

      • 加盟大学から研修公開依頼
      • 幹事会で検討
      • 幹事会了承
      • 会員校周知、HPへ記載
      • 関西地区FD連絡協議会会員校会員が各プログラム実施担当者に参加申し込み、プログラム実施担当者による受付。
      • 開催日1週間前までに、プログラム実施担当者が参加者の取りまとめを行う。
      • プログラム実施担当者は、参加証を作成する → 参加証のダウンロード
      • プログラム実施担当者は、研修当日に参加者の出欠を確認。出席者に参加証を配布。
      • プログラム終了後1週間以内に,プログラム実施担当者より関西FD事務局宛に参加者の出欠名簿を 送付。30日以内に報告用原稿(任意様式A4 1枚程度)を送付(任意)。出欠名簿は関西FD事務局で管理。



関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント