活動 - FD連携企画WG - ワーキンググループの活動 - 研修事業

第1回 関西地区FD連絡協議会シンポジウム(2008年11月29日(土)開催)

「思考し表現する学生を育てる −書くことをどう指導し、評価するか?−」

2008年11月29日(土)14:00−17:00
立命館大学 衣笠キャンパス

主催:関西地区FD連絡協議会

本プログラムは終了いたしました。
本シンポジウムの報告書はこちらをご覧ください。

14:00~ 挨拶と趣旨説明
14:05~
シンポジウム I
-関西地区FD連絡協議会会員校による事例報告-
司会:安岡 高志(立命館大学 教育開発推進機構 教授)
「神戸常盤大学における初年次教育の課題」
大野 仁(神戸常盤大学 保険科学部 教授)
「立命館大学文学部における初年次教育としての『リテラシー入門』とFD」
米山 裕(立命館大学 文学部 教授・副学部長)
「フレッシュマン・ゼミナール~工学を学ぶための導入教育~ 」
池田 勝彦(関西大学 化学生命工学部 教授)
 質疑応答と問題の整理
15:30~
シンポジウムII
-関連研究に学ぶ-
司会:松下 佳代(京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授)
「 『コピペ』問題の本質 」
杉光 一成(金沢工業大学大学院 工学研究科 教授)
「 『書くこと』で学生はどう育つのか? 」
西垣 順子(大阪市立大学 大学教育研究センター 准教授)
〔指定討論〕
「Writing Across the Curriculum とFD:
書く力考える力を育む学士課程カリキュラムを目指して」
井下 千以子(桜美林大学 心理・教育学系 教授)
質疑応答と今後に向けて

報告要旨はこちら


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント