活動 - FD連携企画WG - ワーキンググループの活動 - 研修事業

【主催】「思考し表現する学生を育てる -書くことをどう指導し、評価するか?Ⅱ-」(2009年12月12日(土)開催)

思考し表現する学生を育てる
-書くことをどう指導し、評価するか?Ⅱ-

◆日時:2009年12月12日(土)13:30〜18:00(13:00受付開始)

◆場所:関西大学 千里山キャンパス 第2学舎C507教室 (キャンパスマップはこちら

◆参加費:会員校所属:無料
非会員校所属:1,000円
無料

本プログラムは終了しました。

◆問い合わせ先:関西大学教育開発支援センター
電話:06−6368−1513
ファックス:06-6368-1514

◆主催:関西地区FD連絡協議会
共催:関西大学教育開発支援センター

本プログラムのチラシ(PDF:2MB)はこちらからダウンロードできます(会場の地図あり)。

◆概要:

 「思考し表現する学生を育てる」ことは、今日の大学教育において、いっそうの重要性をおびつつあります。ところが教員は、思考や表現に関する指導や評価について、いまだ経験則以上のものをあまり持ちえていないのが現状です。
この問題について昨年度シンポジウムを開催したところ、「もう少し議論を深めたい」、「時間をもっとゆったりとってほしい」との意見が多数ありました。そこで今年度は同じテーマでワークショップを開催することにしました。
当日は小講演や事例紹介のほか、参加者同士で各大学・授業における課題を議論するグループワークもおこないます。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◆プログラム

13:30〜14:40
開会あいさつ
市原 靖久(関西大学 副学長)
田中 毎実(関西地区FD連絡協議会 代表幹事行代表)

13:40〜14:30
小講演「書くための問いを生み出すことを支援する」
鈴木 宏昭(青山学院大学教育人間科学部 教授)

14:30〜15:00
事例紹介「添削から創作へ-関西大学全学共通科目「文章力をみがく」-」
三浦 真琴(関西大学 教育教育推進部 教授)

15:15〜16:45
グループワーク

16:45〜17:30 
全体討論

17:30〜18:00 
総括コメント
井下 千以子(桜美林大学心理・教育学系 教授)


主催:関西地区FD連絡協議会
共催:関西大学教育開発支援センター


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント