活動 - その他の活動 - 研修事業

【協賛】学習のための、学習としての評価 ―PBLとMOOCにおける学習評価の可能性―(京都大学)(2014年10月8日(水)開催)

学習のための、学習としての評価―PBLとMOOCにおける学習評価の可能性―

1. 日時:2014年10月8日(水) 14:00 ~ 17:30 (受付13:30~)

2. 場所:京都大学芝蘭会館山内ホール

3. 内容
 アクティブラーニングや深い学びを支援するよう授業をデザインしてみたが、その学習成果をどう評価すればよいかわからない、そもそも評価する必要があるのだろうか。そんなふうに感じておられる教員は少なくないのではないでしょうか。  京都大学高等教育研究開発推進センターでは、今年も、ハーバード大学のエリック・マズール教授をお招きしてシンポジウムを開催します。今回は、PBL(プロジェクト型学習と問題基盤型学習)とMOOCの実践を事例に、その学習成果を把握するための学習評価のあり方をさぐります。
 ピア・インストラクションで世界的に知られるマズール教授が現在最も関心を注いでおられるのが、学習評価です。マズール教授の手にかかると、学習評価の新しい世界が見えてきます。今回はハーバードでのプロジェクト型学習の評価を中心にご報告いただきます。センターからは、MOOCでのピア・アセスメント、問題基盤型学習におけるパフォーマンス評価について報告し、現在の学習評価の到達点と課題を明らかにします。
 わが国のMOOC研究・実践の第一人者である本センター長飯吉透とのMOOCをめぐる議論も必見です。

講師プロフィール :
Prof. Eric Mazur(エリック・マズール博士)
ハーバード大学教授(物理学・応用物理学)。同大学応用物理学科長。専門の光物性の研究と並んで、教育研究でも国際的に知られる。大規模講義における双方向的な教授法として開発されたピア・インストラクション(Peer Instruction)は、現在では世界各地で実践されている。また、2012年度からは、PBL(プロジェクト型学習)にも積極的に取り組み、成果をあげている。2011年には、Dr. Brian Lukoff、Prof. Gary Kingとともにクリッカーの進化形であるLearning CatalyticsTMを開発し、教育テクノロジーの新局面を切り開いた。著書に、Peer Instruction: A User's Manual (1997) 、共著書にPeer Instruction: Making Science Engaging (2006), Using JiTT with Peer Instruction (2009) など。

※プログラムなどの詳細はチラシをご覧ください。

4. 申込方法
 こちらのサイトよりお申し込み下さい。


5.連絡先
 京都大学高等教育研究開発推進センター
 e-mail:550center[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
  ※[at]を@に置き換えてください。


6.その他
・参加費無料
・同時通訳あり
・定員60名(先着順)

【主催】京都大学高等教育研究開発推進センター
協賛】関西地区FD連絡協議会、河合塾教育研究開発本部


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント