活動 - FDメディア研究SG - サブグループ(研究WG)の活動 - 研修事業

出欠確認研究SG第2回会合(2009年2月16日(月)開催)

日時 平成21年2月16日(月)16:00~18:00
場所 大阪成蹊大学 第二会議室
参加校 大阪工業大学・石橋、大阪商業大学・影山・前田、堺女子短期大学・川村、龍谷大学・大嶋、追手門学大学・中井、京都大学・大塚、大阪成蹊大学・鹿島・松田・福永(敬称略・順不同・以下同様)
内容
    1. 大阪工業大学における出欠確認の現状発表
      資料: 大阪工業大学出欠管理システムについて【事例報告】
         出欠管理システムの利用調査のご協力について(お願い)
         ICカード学生証を活用した出欠管理システム操作説明資料
         学生証のICカード化と出欠管理システムの導入目的と運用について
         ICカードリーダのご紹介【壁固定式・ハンディ式】

      資料に基づき、導入経緯から現状まで報告いただいた。以下、その一部である。
       ・授業開始時間から10分後までが出席でそれ以降が遅刻となるため、学生が授業に早く来るようになったことが最大の効果である。
       ・導入当初は教員からの反対も多かった。
       ・システムおよび活用状況について、現在全教員へアンケートを実施している。
       ・全教員の50%以上が利用しおり、80%以上が満足しているようだ。
       ・全教員の30%が出欠確認としてこのシステムを利用している。
       ・カード忘れ等は出席カードなどで確認しておき、授業終了後手入力する。
       ・ICカードの読取は入室の1回で、退出では行わない。
       ・カードを読ませるだけで授業に出ない学生もいる。
       ・行動把握という観点では問題ないが、教員からは何とかして欲しいという要望が出ている。
       ・システムを運用するための準備が大変である。時間割は3万レコードありその準備作業に時間がかかる。

    1. 質疑応答、自由討議
      発表後、質疑応答、自由討議が約1時間活発に行われた。以下、その一部である。
       ・学生の行動把握をどうやって出欠確認、成績評価に反映させるか。
       ・導入を反対する教員はいなかったか。いた場合どのように説得したか。
       ・出欠確認の方法を複数の大学で考え、共有化することはできないか。
       ・学生の行動把握は、今後、大学で取組まざるをえない課題となるであろう。
       ・各大学の事例発表を通じて、知識のみならずエネルギーも貰える。

  1. 次回研究会開催日程の確認
    日程:4月24日(金)16:00~18:00
    場所:大阪商業大学
    内容:大阪商業大学の出欠確認の現状発表
    attendance_090216-1.jpg attendance_090216-2.jpg


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント