活動 - FD連携企画WG - ワーキンググループの活動 - 研修事業

【主催】「思考し表現する学生を育てるⅣ―ライティング指導の方法―」(2011年12月17日(土))

第8回 関西地区FD連絡協議会主催ワークショップ
「思考し表現する学生を育てるⅣ―ライティング指導の方法―」

◆概要:
「思考し表現する学生を育てる」ことが重要であることは、今日、大学教育において共通認識となり、様々な試みがなされています。
関西地区FD連絡協議会では、過去3回、シンポジウムやワークショップという形で、研修の機会をもってきました。4回めの開催となる今年度は、初年次教育のほか、理工系の学生への作文指導や具体的な指導モデルなども取り上げながら、「ライティング指導の方法」にしぼって、より一層実践に即した研修内容にしました。
小講演や事例紹介のほか、参加者同士で各大学・授業における事例や課題について議論するグループワークもおこないます。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◆日時:2011年12月17日(土)13:00~18:00(12:30受付開始)
◆場所:立命館大学 以学館(アクセスマップ学内地図(4番)

◆定員:先着45名

◆参加費:関西地区FD連絡協議会 会員校所属の方:無料

                 非会員校所属の方:1,000円

◆申込:申込受け付けは終了しました。

◆問い合わせ先:関西地区FD連絡協議会事務局(京都大学学務部教務企画課教育企画掛内)
電話:075-753-2395
ファックス:075-753-2485
E-Mail:office[at]kansai-fd.org([at]を@に置換してください。)

本プログラムのチラシはこちら(PDF:2.6MB)からダウンロードできます。

◆プログラム

13:00〜13:10
開会挨拶

13:10~14:10
講演「『モジュール』に基づいたレポート、小論文の作成技法について」
講師の前任校における教育実践の報告です。講師の小田中氏は11年間にわたり理工系の学生に文章表現法を教える中で、文章を書くのが得意ではない学生への効果的な小論文の書き方の指導方法を明らかにしてこられました。今回の講演ではその後のレポート作成指導で得られた知見も交えながら、論理的な文章を書くために必要な考え方についてお話しいただきます。

講師:小田中 章浩氏(大阪市立大学文学研究科 教授)
早稲田大学大学院文学研究科修士課程・博士課程修了。文学博士。岡山理科大学を経て、2006年から大阪市立大学文学研究科。専門分野は現代フランス演劇、西洋演劇史。著書に『文章の設計図を用いた「読ませる」小論文の作成技法』(丸善, 2002)、『現代演劇の地層--フランス不条理劇生成の基盤を探る』(ぺりかん社, 2010、2011年度日本演劇学会河竹賞受賞)。

14:10~14:40
事例紹介「立命館大学における初年次日本語リテラシー科目の取組」
立命館大学において2010・2011年度に行われた初年次教育の授業「学びのとびら〈入門〉」の実践報告です。大学の学びに必要な「文章を読み解く力」や「論証能力」「批判的思考力」「発想力」、そしてとりわけ「文章を書く力」の基礎的な育成をめざしてきたこの授業について、院生による添削指導のシステムを含め、その具体的な内容と成果を報告していただきます。

報告者:薄井 道正 氏(立命館守山中学校・高等学校 教諭/立命館大学 非常勤講師)
2010・2011年度教養科目「特殊講義 学びのとびら・入門」を担当。国語教育を言語技術教育として位置づけ、読解と表現の理論化・方法化に取り組んできた。著書に『教師のための「読み」の技術』(民衆社)、『「羅生門」の読み方指導』(明治図書)、『謎とき国語へ招待』(民衆社)、『謎とき国語への挑戦』(学文社)など。

14:40~15:00
ーガイダンス・休憩・移動ー

15:00〜16:30
グループワーク

3教室に分かれて、ミニレクチャー(20分)とグループワーク(70分)を行います。
※当日のグループワークの際には、ご自身の大学・授業での取り組みに関する資料を10部ご用意ください。(うち1部は運営事務局保管用)

テーマ1:論文指導「十字モデルで協同的に論文を考える」
メッセージ構築の法則をひとまとまりの有機体として視覚化させる「十字モデル」を使った指導法を紹介します。
十字モデルとは、メッセージ構築の法則をひとまとまりの有機体として視覚化させたモデルです。その構成要素は、情報や概念の断片を有機的につなぐための「意味構成の文法」を表しています。論文指導においては、執筆に至るまでの研究活動を十字モデルで表し、日常的な語彙のレベルから学術的な語彙のレベルへと学生を導きます。また、学生同士の相互批評においては、十字モデルが建設的な議論をファシリテートします。

講師:牧野 由香里氏(関西大学総合情報学部 教授)
ウィートン大学大学院(コミュニケーション学)修士。関西大学大学院(文学)博士。近著に『「議論」のデザイン―メッセージとメディアをつなぐカリキュラム』(ひつじ書房、2008 年)、Logical-Narrative Thinking Revealed: The Message Construction Cross (The International Journal of Learning, 2009)、市民性を育てる「やわらかい議論」ワークショップの開発(情報コミュニケーション学会誌,2010)がある。

テーマ2:作文法「科学的作文法入門」
滋賀県立大学環境科学部環境生態学科における科学的和文作文法に関するトレーニング授業に関して報告します。
滋賀県立大学環境科学部環境生態学科では、科学的和文作文法に関する訓練を大学4年後期に集中講義形式で行っています。この授業では、科学的論文を書くために必要な思考法を身に付けるために、実際に学生が書いた文章例をもとにその文章の欠点について考えるという作業をしています。これは各教員による卒論執筆指導にもつなげられており、また、この集中講義の成果は受講者の書く文章に顕著に現れていることから、2010年度からは必修授業となっています。

講師:倉茂 好匡氏(滋賀県立大学環境科学部 教授)
北海道大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程修了。私立成蹊学園・成蹊中学高等学校教諭、北海道大学大学院環境科学研究科を経て、1998年より滋賀県立大学環境科学部。専門は水文地形学、陸水物理学。2008年度より滋賀県立大学教育実践支援室長を兼務、教員の実践的授業改善に取り組んでいる。

テーマ3:コピペ対策「阪南大学コピペ検索システム」
阪南大学で2010年4月より行われているコピペチェック、およびその結果の利用による教育改善の効果について報告します。
阪南大学では2010年4月より、全学的なレポート試験で提出された約18000件のレポートにコピペチェックを実施しました。このシステムは学生のみで開発したものであり、夜間の教室の520台の空きPCを利用して実行したために、安価に開発・運用できたシステムです。この結果、全体レポートの約40%からコピー箇所が発見されました。本学ではこの検出結果一覧表を各教員へ配布し、成績評価時の参考資料としています。コピペ検出結果の分析によって、昨年に比べてコピペ率が減少傾向にあることが確認されています。また、コピペされやすい出題課題の傾向の提示を行い、その改善等の教育効果が確認されています。

講師:花川 典子氏(阪南大学経営情報学部 教授)
奈良先端科学技術大学院大学博士課程修了、博士(工学).コンピュータメーカにてシステムエンジニアに従事した後、現職。専門分野はソフトウェア工学、システム開発方法論。主な論文に"A project reliability growth model based on communication for software development"(International Journal of Knowledge Engineering and Software Engineering)、 論理結合マップとモジュール結合マップの重なりを用いたソフトウェア進化尺度の提案(ソフトウェア科学会)など。

16:30〜16:45
ー休憩・移動ー


16:45〜18:00
全体討論
司会:安岡 高志氏(立命館大学教育開発推進機構 教授)

主催:関西地区FD連絡協議会 連携企画WG


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント