活動 - FD共同実施WG - ワーキンググループの活動

【共催】「授業の基本」研修会 -理系の授業のために-(滋賀県立大学)(2016年5月27日(金)開催)

【日時】平成28年5月27日(金) 18:20~20:20
【場所】滋賀県立大学A2棟201講義室

◆講師
 滋賀県立大学教育担当理事兼副学長 倉茂 好匡 

◆内容
 「学生にとってわかりやすい授業」を行うためには、教師がいま授業で扱っている内容を学生が理解しているかどうかを確認しながら進めていかなくてはいけません。しかも、近年本学に入学してくる学生の「数学力の低さ」には驚かされるものがあります。相当に基本的な事項まで確認しながら授業を展開していかないと、多くの学生を「おいてきぼり」にした授業になりかねません。
 そこで、一昨年までの研修会では、「数式の内容を丁寧に解説し、しかも学生の理解度を確認しながら授業を進める方法」に特化したものを行っていました。ところが、最近の学生さんにこの方法で私が授業を行っても、「数年前までは効果があったのに、最近はいまいち」という状況に追い込まれてしまいました。なぜなら、「板書した内容を写すスピードが非常に遅くなってきている」うえ、下手をすると「ノートに書き写すのではなく、スマホで板書の写真を撮る」からです。さらには、黒板に練習問題を書きだし、それを個別ワークで解かせ、その解説を板書で行うというスタイルの授業をしようものなら、約半数の学生が「自力では解かず、ボーっとしている」状態でした。「なぜ自分で解いてみようとしないの?」と尋ねたら、なんと「だって、あとで先生が黒板に正解を書いてくれるんでしょ。それを写せば十分だもの」という回答が返ってくる始末でした。
 試行錯誤のあげく、このような応答をする学生たちに対して、私は「自分で考えなくてはならない環境を作り出すことに成功」しました。今回の研修会では、この授業運営方法についてご説明します。この方法は、数式を使わない授業でも、理系科目のさまざまな場面に応用できるようで、私の行ってきたいくつかの実践例を交えてみたいと思います。
  
◆申込先
 滋賀県立大学教務グループ(担当:久保田・茶谷)まで、電子メールでお申し込みください。アドレスはkyomu[at]office.usp.ac.jpです。※[at]を@に置き換えてください。
 申込締切は5月19日(木)までです。

◆交通手段
 JR東海道本線(琵琶湖線)南彦根駅西口よりバス「県立大学」行きで終点下車。
 当日は、南彦根駅発17:46のバスをご利用ください。県立大学には18:03に到着です。またお帰りは、県立大学発20:30のバスをご利用いただけます(2016年4月現在)。

◆お問合せ先
 滋賀県立大学事務局教務グループ(担当:久保田・茶谷)
 TEL:0749-28-8216
 E-mail:kyomu[at]office.usp.ac.jp
 ※[at]を@に置き換えてください。


【主催】滋賀県立大学
【共催】関西地区FD連絡協議会


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント