活動 - FD共同実施WG - ワーキンググループの活動

【共催】「授業の基本」+「視聴覚教材とアクティブラーニング」ワークショップ(神戸薬科大学)(2016年7月28日(木)・29日(金)開催)

【日時】 2016年7月28日(木)・29日(金)

※1日目のみ参加、2日間連続参加の2種類の選択が可能です。ただし、関西FD各校で開催された「授業の基本」研修会参加経験者は、2日目のみの参加も可能です。

【場所】 神戸薬科大学 4号館3階 K431


◆講師
 滋賀県立大学教育担当副学長 倉茂好匡

◆時間割

1日目 「授業の基本」
第1講 10:00~12:00 授業の基本①-基本の基本-
第2講 13:00~15:00 授業の基本②-授業展開上の罠-
第3講 15:15~17:30 授業づくりワークショップ
2日目「視聴覚教材とアクティブラーニング」
第1講 10:00~12:00 視聴覚教材の選び方・作り方
第2講 13:00~15:00 アクティブラーニングの基本と視聴覚教材
第3講 15:15~17:30 アクティブラーニング導入ワークショップ


◆内容
 このワークショップでは、発声、板書、立ち位置といった基本的なことから、授業構成、発問、教材研究といった内容について講義のみならずワークショップ形式で行います。また、2日目には、視聴覚教材選定や作成の基本およびアクティブラーニングの基本を学んだうえで、皆さんのご担当科目にアクティブラーニングを導入したときの授業案を作成していただきます。

(1) 授業の基本① -基本の基本-
 皆さんが大学生時代に受講してきた講義を思い出してみましょう。面白いなあと感じる講義もあった半面、とても退屈で眠くなる講義もあったことでしょう。いったい、なぜこんな差が出るのでしょうか?
 そこで、私自らが「悪い授業」と「良い授業」を演じてみます。いったいどこが違うのか、自ら感じ取ってください。その上で「授業を行う上での基本的スキル」を学んでいただきます。

(2) 授業の基本② -授業展開上の罠-
 大学の先生方の授業を見学させていただくと、「このやり方だったら、学生は居眠り続出必至だなあ」と感じる授業をしばしば見かけます。そのような授業には共通点があり、それを私は「総論大好き症候群」「具体例欠乏症」と呼んでいます。逆に言うなら、このような症状から脱却した授業をすれば、学生は興味を持って受講してくれます。
 この時間も、実際に「問題の多い授業」と「それを改善した授業」とを演じてみます。そして、その「改善」には「教材研究」が欠かせません。その実際を体験してください。

(3) 授業づくりワークショップ
 グループワークで「教材研究」を実際にしていただきます。そして、各グループで5分の授業をつくり。グループの代表の方に授業を行っていただきます。「教材研究」を行うことでどんなに授業に変化が出るか、きっと実感していただけるでしょうし、皆さんが授業準備をするときの教材研究にも役立つと思います。

(4)視聴覚教材の選び方・作り方
 近年、大学の多くの授業でパワーポイントファイルなどの画像ファイルが使用されています。ところが、そのような授業では「学生が寝てしまう」ことが生じがちです。いったいなぜでしょうか? また、VTRを授業に使用する場合も多いものです。この場合にも、下手をすると「学生が寝てしまう」ものです。いったいどうすればよいのでしょうか?
この時間では、まずVTR教材の選び方を学びます。その次に、効果的パワーポイントファイル作成法の基本を学びます。そのうえで、視聴覚教材を効果的に使用するための「しかけ」について理解していただきます。キーワードは「個人ワーク」と「グループワーク」です。

(5)アクティブラーニングの基本と視聴覚教材
 前講でも触れたように、視聴覚教材を使用する場合、個人ワークなりグループワークなりに誘導しないと「学生が寝る」ことが多くなります。そこで、本講では授業に個人ワークやグループワークを導入していくときの基本的考え方を学んだうえ、そのバリエーションを広げていきます。この延長線上に、最近話題の「反転授業」なども存在するのです。 
個人ワークやグループワークなどのアクティブラーニングの要素を授業に導入すると、びっくりするくらい学生の目つきが変わります。教師が説明に少々ドジっても、学生が勝手に理解し、満足して帰っていく場合すらあるのです。このような私の体験についてもご紹介します。

(6)アクティブラーニング導入ワークショップ
 まず、個人ワークで皆さんの授業にアクティブラーニングを導入したときの指導案を作成していただきます。90分の授業の中に、なんらかの形でアクティブラーニングの要素を入れてみてください。そのうえで、各グループ内でそれぞれの指導案を紹介しあい、優れている指導案あるいはユニークな指導案を選んでください。
 そのうえで、各グループで1つの科目の指導案のプレゼンテーションをしていただき、参加者全員で共有したいと思います。

◆申込先、申込方法
 神戸薬科大学 教務課 柳川 まで、電子メールで7月15日(金)までにお申し込みください。
 お申し込みの際に、①関西地区FD連絡協議会加盟校であること②所属③氏名④参加形態(1日目のみ、2日間連続、2日目のみ)を明記してください。
 アドレスはyanagawa[at]kobepharma-u.ac.jpです。([at]を@に置き換えてください。)

◆プログラム実施担当者とその連絡先
 神戸薬科大学教務課 柳川貴志
 Tel:078-441-7509 Fax:078-441-7613

◆参加にあたっての条件
 定員:先着40名(参加費無料)
※2日目には、各自担当科目について実際に指導案を作っていただきます。各自のご担当科目のどこか1講分の現在の指導案を持ってきて下さい。まだ授業を担当したことのない参加者は「将来自分が担当するであろう科目を想定し、その科目の指導案を練って」きて下さい。

【主催】神戸薬科大学
【共催】関西地区FD連絡協議会


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント