活動 - FD共同実施WG - ワーキング・グループの活動 - 研修事業

【共催】2013年度 FD研修会『大学生への作文法指導』(滋賀県立大学)(2013年6月28日(金)開催)

大学生への作文法指導


◆日時:2013年6月28日(金)18:30~20:30

◆場所:滋賀県立大学A2棟201教室

◆講師:倉茂好匡(滋賀県立大学環境科学部・教授)



◆概要:

多くの大学で、多くの先生方が「最近の学生はまともな作文をできない」という悩みを抱えています。

実際に学生が書いたレポートなどを見てみると、もし修正するとしても「どこから手をつけてよいかわからない」内容であることもしばしばです。赤ペン添削などしようものなら、学生が書いたものはほとんど原型をとどめなくなり、学生は教員の赤ペン添削をした内容を「ただ書き直す」だけになってしまい、あげくのはてにはその学生の作文力は向上していない。 こういう経験をしている先生方はとても多いと思います。

本来なら、各大学で「作文指導のプロ」が作文法に関する授業を担当し、学生のスキルアップを行なえばよいのでしょう。しかし、大学レベルでの作文指導専門の教員など、きわめて少数です。多くの大学で、いろいろな先生方がこの指導に苦しみ、実践例を積み重ねているのが現実です。

つまり、われわれ一般の教員がなんとかして学生の作文力向上につながるような教育法を見つけ出さないといけないのだと思います。

滋賀県立大学環境科学部環境生態学科では、さまざまな科目を通して学生の作文力向上のためのカリキュラムを組み、それぞれの段階に応じた教育法を開発してきました。特に1年生後期と4年生後期には「和文作文法」に特化した必修科目を設けています。学部必修授業の中にも「書く指導」を必要とする科目があります。それらの実践を通して、実際に学生の作文力向上につなげていくことができました。

今回の研修では、われわれの取り組み内容をご紹介します。それのみならず、いまどきの学生が「なぜ書けないか」「どういうまちがいをするか」「どうして考えられないか」についても触れたいと思います。そして「どういう指導をすべきか」を実際に参加した皆様に考えていただきたいと思います。



◆定員:80名



◆申込み方法:

(1)滋賀県立大学の先生方:事前の申し込みは不要です。当日、直接教室にお越しください。

(2)関西FD連絡協議会加盟校の先生方:滋賀県立大学教務グループまで,電子メールで6月20日までにお申   し込みください.アドレスはkyomu[at]office.usp.ac.jpです。([at]を@に置き換えてください)
 ※連絡先が変更になりました

 

【主催】滋賀県立大学
【共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG

 


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント