活動 - FD共同実施WG - 研修事業

【共催】「授業の基本」ワークショップ(2013年9月6日(金)開催)(大阪工業大学)

「授業の基本」ワークショップ


◆日時:2013年9月6日(金)10:00~17:15
◆場所:大阪工業大学 大宮キャンパス(大阪市旭区大宮5-16-1)
◆講師:滋賀県立大学教育実践支援室長 倉茂好匡 氏



◆プログラムの概要:
<対象>毎回の授業をつくる基本を学びたい方.初めて教壇に立つ方には特にお勧めです.
もちろん,自分の授業づくりに不安を持っている方も大歓迎です.
※2013年4月27日(土)に滋賀県立大学にて実施の内容とほぼ同一となります

<時間割> 
第1講 10:00~12:00 授業の基本①-基本の基本-
第2講 13:00~14:30 授業の基本②-授業展開で陥りやすい罠-
第3講 14:45~17:15 教材研究ワークショップ-グループワークとミニッツレクチャー実技-

<内容>
○第1講 授業の基本①-基本の基本-
皆さんが大学生時代に受講してきた講義を思い出してみましょう.面白いなあと感じる講義もあった半面,とても退屈で眠くなる講義もあったことでしょう.いったい,なぜこんな差が出るのでしょうか?
講師自らが「悪い授業」と「良い授業」を演じてみます.いったいどこが違うのか,自ら感じ取ってください.その上で「授業を行う上での基本的スキル」を学んでいただきます.

○第2講 授業の基本②-授業展開で陥りやすい罠-
大学の先生方の授業を見学させていただくと,「このやり方だったら,学生は居眠り続出必至だなあ」と感じる授業をしばしば見かけます.そのような授業には共通点があり,それを「総論大好き症候群」「具体例欠乏症」と呼んでいます.逆に言うなら,このような症状から脱却した授業をすれば,学生は興味を持って受講してくれます.
この時間も,実際に「問題の多い授業」と「それを改善した授業」とを演じてみます.そして,その「改善」には「教材研究」が欠かせません.その実際を体験してください.

○第3講 教材研究ワークショップ-グループワークとミニッツレクチャー実技-
グループワークで「教材研究」を実際にしていただきます.そして,各グループで5分の授業をつくり,グループの代表の方に授業を行っていただきます.「教材研究」を行うことでどんなに授業に変化が出るか,きっと実感していただけるでしょうし,皆さんが授業準備をするときの教材研究にも役立つと思います.



◆申込先、申込方法:
メール件名を「初任者研修参加希望」とし、所属大学、職名、氏名、メールアドレス、電話番号を記載して申し込んでください[申込締切:2013年8月21日(水)]
アドレスはfd-kyomu[at]ofc.oit.ac.jpです。
※[at]を@に置き換えてください。


◆お問い合わせ:
 大阪工業大学 教務部教務課 浦田、有本、市村(電話番号06-6954-4083)

◆その他:
 参加費:無料
 定員:先着25名
 形態:ワークショップ
 テーマ:教授学習(TL)

 

【主催】大阪工業大学
【共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG

 


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント