活動 - FD共同実施WG - 研修事業

【共催】 大学教員のための「講義方法のブラッシュアップ」Bワークショップ(関西学院大学)(2014年9月8日(月)・9日(火)開催)

 

大学教員のための「講義方法のブラッシュアップ」Bワークショップ★定員に達したため募集を締め切りました★

  関西学院大学教務機構高等教育推進センターでは、関西地区FD連絡協議会との共催で標記のワークショップを開催します。
  このワークショップでは、視聴覚教材、グループワーク、宿題、ルーブリックといった内容について実習を交えて学びます。このワークショップには1日目のみ、2日間連続参加の選択が可能です。2日間のワークショップを修了された方には、本センターからの修了証書を発行いたします。

 

講師:倉茂好匡氏(滋賀県立大学環境科学部教授・教育実践支援室長)

日程:2014年9月8日(月)・9日(火) 10:00 ~ 17:00
     (1日目のみ参加、2日間連続参加の2種類の選択が可能です)

開催場所:関西学院大学上ケ原キャンパス第4別館205号教室( アクセスマップ )

内容


  1日目プログラム
9月8日(月)

10:00

12:00

 講義「視聴覚教材を用いる授業のために」
  ・効果的なVTR教材とは
  ・プレゼンテーションに効果的なパワーポイントファイルとは
   -「見やすさ」を第一に-
   昼休み
13:00

14:30
  講義「授業に学生を『参加』させるには」
  ・発問とグループワーク
  ・宿題の効果
14:45

17:00

  ワークショップ「宿題と評価」
  ・参加者各自の担当教科で
    どういう宿題を課すか
    どういう評価を行うか
   を各自で考える
  ・グループワークで意見交換し、優秀と思われるものを発表する




  2日目プログラム
9月9日(火)
10:00

12:00
 講義「ルーブリックによる評価」
  ・学科の到達目標と、担当科目の到達目標の関係
  ・各科目のルーブリックとは
   昼休み
13:00

15:15
 個人ワーク「ルーブリックを作ってみよう」
  ・講師の指導に従い、各自担当科目のルーブリックを作成してみる
15:30

17:00
 グループワーク
  ・各グループ内で、各自で作成したルーブリックを紹介しあい、議論する
  ・1~2科目を選択し、グループでルーブリックの改善を行う
  ・各グループ内で完成させたルーブリックを発表する


  詳細は、関西学院大学のホームページをご覧ください。


対象者:専任教員、非常勤講師及び大学で講義担当を目指す後期課程の大学院生等

参加費:無料

募集人数:30名(初めて受講される方を優先とさせて頂きます)

申込方法:
(1)申込用紙を関西学院大学高等教育推進センターのホームページからダウンロードし、高等教育推進センター宛に(HighEdu[at]kwansei.ac.jp)送付下さい。
  ※[at]を@に置き換えてください。

(2)ワークショップで利用しますので、受講当日(9/8)に、ご担当科目のシラバスをご持参ください。
  ※シラバスがない場合は、自分で担当する科目を想定し、「15回の授業計画」と「到達目標」を作成の上、ご持参ください。

申込締切:8月8日(金)
  ※本プログラムの受講には、関西FD各校での「授業の基本」研修会の受講を推奨しております。未受講の場合は申込時にお申し出下さい。

問い合わせ先

  関西学院大学 教務機構高等教育推進センター
    ℡:0798-54-7420 
    E-mail:HighEdu[at]kwansei.ac.jp
      ※[at]を@に置き換えてください。

 

【主催】関西学院大学教務機構高等教育推進センター
共催】関西地区FD連絡協議会FD共同実施WG

 

 


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント