各ワーキング・グループの活動 - FD連携企画WG

FD連携企画WG

2015年度にワーキング・グループは解散いたしました。
幹事校メンバー:立命館大学、関西大学、神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部、大阪府立大学、京都大学


活動方針

  1. 目的
    • 関西地区の大学のうち、互いに共通するテーマ(問題別、アプローチ別、ディシプリン別など)を抱える大学が集まり、シンポジウム等で議論し合うことを通して、必要に応じてワーキング・グループを構成し、協働で問題への対処に取り組んで行く。
      [テーマ例]
      問題別

      学力の多様化、学力低下、授業不成立、学生のメンタルヘルスなど

      アプローチ別

      授業評価、成績評価、SD(事務職員研修)、学生参画型FD、障害学生支援、プレFD(TA研修、院生研修)、PBL(Problem-based Learning, Project-based Learning)、初年次教育、リテラシー教育、(アカデミックライティングなど)授業へのICT利用など

      ディシプリン別

      芸術系、体育系、医療系、語学系など


  2. 活動指針
    • 一回限りのイベントではなく、継続的に情報交換をしながら、協働的に教育改善・FDを進めるための緩やかなコミュニティ形成を支援する。テーマの一般化を急がず、できるだけ各大学のローカリティにねざしたコミュニティとなるようにする。また、できるだけ、まだ組織化されていないテーマを掘り起こすようにする。
  3. 活動手順
    • 特定のテーマについてシンポジウムを取り上げる。
    • シンポジウム参加校を中心に、いくつかのグループを形成する。
    • グループは、関西地区FD連絡協議会のホームページやニュースレター、大学教育研究フォーラム等で活動報告を行う。
    • 上記のサイクルを繰り返しながら、大学間連携を拡大・進化させる。
  4. 「関西FDパイロット校」の支援
    • FD活動をまだ十分展開できていないが、これから本格的に取り組もうとする組織を、「関西FDパイロット校」として、本WGを中心に支援する。パイロット校は、支援を受けて進めたFD活動のプロセスと成果を報告し、会員校間で共有できるようにする。

  FD連携企画WGの活動内容はこちらをご覧ください。

研究WG

幹事校メンバー:神戸大学、龍谷大学・龍谷大学短期大学部、同志社大学、京都大学

(1)研究WGの目的

研究WGは、いくつかの研究課題を設定し、それぞれの課題ごとに研究サブグループ(SG)を構成して、共同研究活動を推進していくことを目的とするものです。「研究WG」は、関西FD「幹事会」に置かれる「研究部を構成する大学等」、及び、「研究SG主査校」によって構成されることとします。「研究WG」は、

  1. 研究SGを具体的に企画・設置すること、
  2. 研究SGの活動が円滑に推進されるように調整・支援すること、
  3. 研究SGの成果を本協議会において広く共有が図られるように支援すること、

などを目的としています。

現時点では、「研究部」は、幹事校の神戸大学(責任校)、龍谷大学・龍谷大学短期大学部、京都大学で構成されており、「研究部」と「研究WG」は同一の構成となっておりますが、今後、ある会員校が「研究SG」の主査校となった場合には、その会員校も「研究WG」のメンバーに自動的に加えられ、研究SGの活動の調整などの議論に加わることが想定されています。なお、研究WGは、大学単位の参加となりますので、研究WGの会合などには、必ず一人が参加することが望まれます(代理出席可)。

【研究サブグループ(SG)とは】

研究WGの下、具体的な研究課題を設定して共同研究を進めるサブグループを言います。研究WGの実質的な活動母体となるのが、研究SGということになります。 2014年度は、研究WGでは、「FDメディア研究SG」、「FDデザイン研究SG」の2つの研究SGを設置して活動を行うこととしています。 なお、研究SGは、個人単位の参加となりますので、各研究SGに参加の希望がある場合は、個人名を登録して下さい(各大学、原則一名)。
各研究SGへの参加申込についてはこちらをご覧ください。
《注》 研究WGの会合、研究SGの会合等への参加に係る旅費等は、各大学で支給することを原則とします。
《注》 「授業評価研究SG」および「授業型学生支援研究SG」の活動は終了しました。


関西地区FD連絡協議会広報WGのアカウント